バイアグラの服用方法

ED治療薬で使用されているバイアグラですが、正しい服用法を確認しておきましょう。

今回、服用方法をご紹介するにあたって、調査をしたとろ飲み方に逸話がありました。

それは、バイアグラを飲む際に、グレープフルーツジュースと一緒に飲むと効果が倍増すという内容でした。
確認してみると、バイアグラに含まれている有効成分に、クエン酸シルデナフィルが代表されます。
そして、グレープフルーツに含まれるのはクエン酸です。
その事により、一緒に服用すると効果が高まると言われているようです。

しかし、それは間違いではないが、副作用も高まる危険性があるという事だそうです。
バイアグラの有効成分である、クエン酸シルデナフィルは、チトクロームP450(CYP)3A4なる酵素により代謝されます。

グレープフルーツの成分である、フラノクマリンは、この代謝酵素を阻害する作用があり、通常よりも血液中からバアグラの成分が排出されるのが遅くなる様です。
よって、一緒に摂取すると、バイアグラの持続時間や勃起の硬化度が上がる可能性もあるが、副作用の度合いも上がるのです。

倍増にならなくても、水で飲むだけでも、十分効果に期待を持てるとバイアグラ 通販サイトでは言われています。

バイアグラの服用と狭心症の危険な関係性

バイアグラは、簡単に言うと血管を広げる薬です。それが結果として、体の血流を良くし、満足のいく勃起に繋がっているため今も全世界で広く使われているようになりました。しかし、実はもともとは狭心症のための薬として開発されたという背景を知っている人は少ないのではないでしょうか。

狭心症患者がバイアグラを服用するとどうなるか

狭心症は胸や顎、みぞおちなどに痛みを感じる病気ですので、激しい性行為は時に危険を伴います。逆に、性行為の最中に狭心症になり、それがバイアグラのせいであるケースも多々見られます。

また多くの狭心症患者が処方を受けている硝酸薬と呼ばれる薬が、バイアグラと併用することで血圧の低下を招き、時には死に至らしめることもあります。断定はできていないようですが、実際に幾つか死亡例もあるため、必ず医師の判断を仰ぎましょう。

狭心症とバイアグラに密接な関係があることがお分かりいただけたと思います。他にも脳梗塞や心筋梗塞を起こした方も、同じく危険であることをこの機会に知っておきましょう。色々な人にプレゼントする人もいるようですが、相手がどんな病気を持っているかは本人にしかわからないこともあるので、そうしたことは絶対に控えましょう。

新着情報

◆2015/10/02
バイアグラの服用方法の情報を更新しました。
◆2014/05/15
管理者情報の情報を更新しました。
◆2013/04/19
服用厳禁:肝臓病を新規投稿しました。
◆2013/04/19
服用禁止:心血管障害を新規投稿しました。
◆2013/04/19
服用注意:狭心症を新規投稿しました。